認知症と相続

皆さんの周りには認知症を抱えたご家族はいらっしゃいますか?

認知症といえば、
「どう生活をすればよいのか」「家族に身体的・精神的負担をかけてしまう」
といった非常に大変なイメージがありますよね。
2025年には5人に1人が65歳以上、約730万人が認知症になると推測されているそうです。

認知症と相続

その認知症ですが、私どもが専門としている「相続」にも大きく関わってきます。

もし認知症になってしまうと…

・相続に関する話し合いがうまくいかない
・遺言書作成をしたくても有効なものを作ることができない
・相続人が認知症の場合、遺産分割協議を行うことができない

このような事態が起きてしまいます。

私自身も、もし両親が認知症になったら…と不安がよぎる時があります。
決して他人事ではありません。

しかし、認知症予防と同様、「相続問題」もできる対策や対応法は色々ございます。

問題が“起きてから”ではなく“起きる前”に、
一度専門家のアドバイスを受けることがとても大事。

我々相続LOUNGEは「幸せな相続」に向け、皆さまのお悩みにしっかりと耳を傾けます。
どうぞいつでもお気軽にお問い合わせください。

以上、相続LOUNGE受付スタッフでした。

  • 相続LOUNGE 公式コラム
  • KOMODA LAW OFFICE 公式サイト
  • 相続ワンストップサービス

お問い合わせ お友達登録