生前贈与を上手に活用しませんか?

財産をすこしでも多く相続人に引き継ぐためには被相続人が生きているうちから地道に対策することが大切です。

生前贈与は、相続財産を減らして相続税を軽減させる有効な手段ですが相続税の代わりに贈与税が発生します。

贈与税の税率は日本の税の中でも非常に高い税率で最高税率は55%。

しかし、軽減・免税の特例があるのでこれらを上手に活用することで負担を抑えることができます。

生前贈与の課税には、歴然贈与と相続時精算課税という2種類の制度が存在します。

暦年贈与は受贈者ひとりにつき年間100万円まで非課税で、相続時精算課税は贈与者ひとりにつき2500万円まで非課税です。

また、暦年贈与と相続時精算課税はどちらかしか使えず、一度、相続時精算課税を選択してしまうと暦年贈与に戻すことができないため利用する際には慎重に検討する必要があります。

ただし、父親からの贈与と母親からの贈与は別々の制度を使えるため、父親からの財産移転には相続時精算課税を利用し、母親からの財産移転には暦年課税を利用するなどそれぞれの財産の金額や状態によって使い分けるという方法もあります。

暦年課税に比べて、相続時精算課税は複雑なため、長い目で見た場合、どちらが適切か判断しづらいかもしれません。

生前贈与を考えている方は早めに専門家に相談するのが得策だと私は考えます。

より多くの財産を引き継いでほしいとお考えの方はぜひ無料相談にいらしてください。

相続の専門家による適切なサポートやアドバイスを提供いたします。

無料相談は事前予約制です。
お気軽にお電話、メールにてご連絡ください。

皆様からのご予約を心よりお待ちしています。
以上、相続LOUNGE受付スタッフでした。

  • 相続LOUNGE 公式コラム
  • KOMODA LAW OFFICE 公式サイト
  • 相続ワンストップサービス

お問い合わせ