意外と短い?長い?10か月

相続税の申告と税金の納付期限は同じで、
相続発生日の翌日から10か月以内です。

相続税は、現金で一括納付するのが原則なので、
その資金を急いで調達することも必要となります。

10か月というと十分な時間があるように思えますが
実際はとても短いというのが、申告を経験した人たちの実感だそうです。

通常、遺産分割の話し合いや相続手続きは
四十九日の法要や納骨が済み、
遺族の生活が落ち着いてから取りかかると思いますが
遺産の洗い出しからはじまり、
どんな財産がどこにあるか、調べてみないとわからないとなれば
その作業だけでも数か月かかることも…。

また、財産目録や一覧表がある場合でも
その内容に漏れがないかを確認することは必要となってきます。

いざ、相続財産が確定したら、ようやく相続税がかかるかどうかがわかり、
税理士に依頼する方も多いかと思います。

また、遺言書が無い場合ですと
相続人全員が集まって遺産分割協議を進めるにも時間がかかり
分割方法が決まらないと、申告書を作成し
相続税額を計算することはできませんし
相続人が離れて住んでいると、全員の都合を合わせるのも一苦労…。

遺産分割協議に手間取ると、
10か月の申告期限に間に合わないことも想定されるので
前もって準備しておく重要性がお分かりになるかと思います。

財産の把握と納税準備は早急に進めておくのが一番!
是非、当LOUNGEでお早めに相談してみませんか?
相続の専門家による適切なサービスやアドバイスを提供いたします。

ご相談は、事前予約制となっておりますので
まずは、お気軽にお電話やメールにてご連絡ください。

以上、相続LOUNGE受付スタッフでした!

  • 相続LOUNGE 公式コラム
  • KOMODA LAW OFFICE 公式サイト
  • 相続ワンストップサービス

お問い合わせ お友達登録