海外の相続事情

こんにちは
相続LOUNGEスタッフです。
自粛中、自宅で韓国ドラマをご覧になられた方も多いと思います。
私も話題の「愛の不時着」は3回観て3回号泣しました。
他にも面白いドラマはたくさんありますが、
なぜか相続にかかわるドラマが多いように感じます。
日本のほんわかしたテーマと比べて
重たいテーマが多いのですが、観ているうちにどんどんドラマの世界に入り込んでしまいます。

日本と韓国の相続の違いは
日本では亡くなった人に子供や親がいない場合は配偶者と、兄弟姉妹が相続しますが
韓国では、亡くなった人に子供や親がいない場合、配偶者のみが相続し
兄弟姉妹は相続者となりません。
こうなるといろいろと揉めそうですよね。

ちなみに
アメリカの相続は
一般的には相続人の範囲が日本よりも広く、叔父、叔母、従兄妹なども含まれます。
そのためアメリカでは、会ったこともない大叔父様から莫大な遺産が転がり込む、なんてことがあるそうですよ。
そういえば昔の人生ゲームに「アメリカの叔母さんから遺産がはいる」
というチャンスがあったような気がします。

いずれにしてももめないことが1番です。

相続に関するお悩みがあれば小さなことでも相続LOUNGEをご利用ください。
スタッフ一同お待ちしています。

  • 相続LOUNGE 公式コラム
  • KOMODA LAW OFFICE 公式サイト
  • 相続ワンストップサービス

お問い合わせ