相続人がいない場合の相続

現在、65歳以上でひとり暮らしをされている方の数は600万人を超えているそうです。
5人に1人はひとり暮らしをされている計算になります。

相続人がいない場合の相続
孤独死などのトラブルの話を聞いて、不安になる方も多いでしょう。
生前にどんな備えをしておけばよいか、相続LOUNGEにあるパンフレット[相続人がいない場合]からご紹介しますね。

Q.1 私は一人っ子で子供もおらす両親も他界しましたので相続人がいません。
私が亡くなった場合、友人に渡したいなと考えてはいるのですが、私の財産はどうなるのでしょうか?
A.1 法定相続人がいない場合、原則としてあなたの財産は国のものになります。
そうならないようにするためにも、事前に専門家にあなたの財産をどうするか検討しましょう。
Q.2 相続人がいないとしても、誰かに財産を遺す方法はないのでしょうか?
とてもお世話になった人がいるので、その人に財産を譲りたいと考えており、その方法を教えてほしいです。
A.2 遺言書によって特定の人に財産を渡すことができます。
遺言書を作成するとして、自筆証書遺言と公正証書遺言のいずれを作成するか検討してみましょう。

この他にも、相続LOUNGEでは様々なパンフレットや書籍を揃えております。
相続に関する無料相談も承っておりますので、お気軽に相続LOUNGEまでお問い合わせ下さいませ。

家系図作成サービス相続LOUNGE SHOP
LINE公式アカウントご登録受付中
Youtube相続LOUNGEチャンネル

相続LOUNGEお問い合わせはこちら

  • 相続LOUNGE 公式コラム
  • KOMODA LAW OFFICE 公式サイト
  • 相続ワンストップサービス

お問い合わせ お友達登録