不動産の共有名義はトラブルの元?

共同名義・共有名義、とは、ひとつの不動産を複数人が所有している状態のことです。
実際には不動産を複数に分割することはできないので、「持分」という割合で所有をします。

不動産を相続時に分ける方法は大きく分けて

・現物分割―土地を直接当分する
・代償分割―(土地の全てを相続した)1人が他の相続人に、分割されるべきだった土地の価値分の支払いをする
・換価分割―土地を一旦売却してから代金を等分する
・共有名義にする

の4つがございますが
このうち共有名義は共有した全員の話がまとまらなければ後で売買もしにくく、
相続時にトラブルになる可能性もありますので、不動産の相続は専門家のアドバイスを経て準備をされることをおすすめいたします。

不動産の共有名義はトラブルの元?

また、既に共有名義の不動産をお持ちの方も、相続が発生する前にあらかじめ専門家に相談をして、早めに紛争の予防をされておかれることも大切です。

相続LOUNGEでは、相続に強い弁護士への30分無料相談のご予約を承っております。
ご予約はお電話・ご来店、どちらでも可能です。
ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。

相続LOUNGE受付スタッフでした。

 

家系図作成サービス相続LOUNGE SHOP
LINE公式アカウントご登録受付中
Youtube相続LOUNGEチャンネル

相続LOUNGEお問い合わせはこちら

  • 相続LOUNGE 公式コラム
  • KOMODA LAW OFFICE 公式サイト
  • 相続ワンストップサービス

お問い合わせ お友達登録