生命保険 一括照会の新制度について

『生命保険一括照会制度』をご存知ですか?
親や家族が死亡したり、認知能力が低下したりした場合、生保各社との保険契約の有無について、生保協会が一括して照会に応じる制度を7月から始めました。
高齢化の進行で独居のまま亡くなる高齢者や認知症患者が増加し、家族が契約を把握しきれないケースが増えているためだそうです。
家族の契約の有無がわからない際、これまでは保険各社へ個別に問い合わせる必要がありましたが、新制度を使えば、生保協会が加盟全42社に一括して契約を確認して、回答してくれる、というものです。

利用できるのは、契約者本人の死亡時は相続人と、弁護士ら代理人などで、判断能力低下時は3親等内の親族や代理人などで、費用は照会1回につき3千円とのこと。

もともとは、東日本大震災の時に、家族が亡くなったり書類を紛失したりした被災者に迅速に対応するために導入されたもので、災害時は無料でした。これを、有料ですが、平時にも行えるようになったということなんですね。

生命保険一括照会制度

これを聞いた時に、銀行でもできたらいいのに!と思ったのは私だけでしょうか。
生命保険だけではなく、亡くなったり認知症になってしまった家族の資産状況がわからないケースはよくあることだと思います。
銀行も一括して照会できれば、相続の際に、かなり手続きが楽になるのでは、と思ったのですが。
私の妄想で失礼いたしました💦

そもそも家族が困らないように、資産をまとめたり書き記したりしておくことは大事なことと改めて感じたニュースでした。
終活であれば、エンディングノートなどを書いておくことや、もしもの時の為に日頃から自分以外の人が見てもわかるようにしておくこと。
これらのことが、家族間で自然に共有できれば、残された家族が困るようなことも随分減るのではないでしょうか。
早速、『えーっと、自分は何の保険に入ってたっけ』と考え始めた私です。

相続LOUNGEスタッフでした。

 

無料相続オンラインセミナー開催中 お申し込みはこちらから
△東急リバブルのサイトへ遷移します△

  • 相続LOUNGE 公式コラム
  • KOMODA LAW OFFICE 公式サイト
  • 相続ワンストップサービス

お問い合わせ