生前贈与はお孫さんに

梅雨明けが待ち遠しいですね。
相続LOUNGE受付スタッフです。

さて、相続税の対策としてお子様方への生前贈与を選ばれる方が増えていますが、
その場合、早ければ早いほどよいと言われております。

というのも親から子(相続人)への贈与があった時から「3年以内」に相続が発生した場合は、贈与はなかったもの(相続財産)としてみなされ(3年分遡って)課税対象になってしまうのです。

生前贈与はお孫さんに

そこでお子様ではなくお孫さんへの贈与を考えられる方もおられます。
孫への一般的な贈与は上記の相続税の対象外になりますので、節税という観点からみると、子供ではなく孫に贈与をされた方がメリットがあると言えます。

また、贈与に税金がかからないのは年間110万円までですが、お孫さんの生活費や教育費、医療費などはその都度払ってもらっても、これは贈与にはなりません。
ただ、ある程度まとまった額を「一括で」贈与する場合は、金額やお孫さんのご年齢により、贈与税がかかってくる場合もありますので、
やはり税対策は一度専門家へご相談されることをおすすめいたします。

相続税LOUNGEでは弁護士への30分無料相談のご予約を承っております。
当所には税理士資格を持つ弁護士も在籍しております。

ご予約のお電話、ご来店をお待ちしております。

無料相続オンラインセミナー開催中 お申し込みはこちらから
△東急リバブルのサイトへ遷移します△

  • 相続LOUNGE 公式コラム
  • KOMODA LAW OFFICE 公式サイト
  • 相続ワンストップサービス

お問い合わせ お友達登録