相続税って必ず払うの?

相続税はいくらからかかるの?という疑問、一度はお考えになったことがあるのではないでしょうか。
少し前までは、一握りの人にしか縁がない富裕層の税金、と言われていたようですが、2015年の制度改正により、相続税がかかる人は、4%から8%へ倍増している、とのことです。(ちなみに、地価の高い都市圏ほど課税割合が高く、地域差があるようです)
これは、相続税の基礎控除が40%も引き下げられたことが挙げられます。
では、相続税は、今いくらからかかるのでしょうか?

相続税って必ず払うの?

・相続税は、「3000万円+法定相続人の人数×600万円」以上の遺産からかかる。
・遺産の総額が3600万以下の場合は相続税がかからない。

この2項目から、まずは、相続税が「かかる」のか「かかからない」か、だいたいの予測ができると思います。
しかし、その相続財産を正確に算出する、というのはなかなか簡単にはいかないものです。
相続税の非課税財産の区別、土地、建物の正確な評価など、自分で調べるには大変な作業になるかと思います。
また、正確な相続税申告書の作成は専門性が高く、申告の経験がほとんどない、という税理士も少なくないそうです。

そのため、現在、相続が発生していなくても、近い将来起こり得ることならば、前もって考えたり調べたりして準備することも大事ですし、専門家に相談することも大事になるかと思います。

もし、相続をお考えの方、お悩みの際は、是非相続LOUNGEへご相談下さい!
私どもは弁護士、税理士、司法書士等、相続に強い専門家ですので、安心してご相談頂けるかと思います。
将来について、備えてみませんか?
相続についての初回のご相談(30分)は無料になっております。
ご予約、承っておりますので是非お気軽にお問い合わせください。

相続LOUNGEスタッフでした。

無料相続オンラインセミナー開催中 お申し込みはこちらから
△東急リバブルのサイトへ遷移します△

  • 相続LOUNGE 公式コラム
  • KOMODA LAW OFFICE 公式サイト
  • 相続ワンストップサービス

お問い合わせ お友達登録